【衝撃】iPhoneのBluetoothをオンにしていると電話番号が漏れてしまうことが判明。対策方法は?

雑学
この記事は約2分で読めます。

【衝撃】iPhoneのBluetoothをオンにしていると電話番号が漏れてしまうことが判明。対策方法は?

電話番号が漏れることが判明

Apple devices sniffer – YouTube

こちらの動画を見てもらうとわかるのですが、Bluetoothをオンにしていることで電話番号からいろいろな情報まで漏れてしまうことがわかります。

しかも現在のスマホの状態(ロックしているか)なども簡単にわかってしまいます。

セキュリティサービス会社Hexwayに所属するDmitry Chastuhin氏が「iPhoneでBluetoothをオンにしていると電話番号が付近の人に漏れてしまう」と発表しており、Apple Wireless Direct Link(AWDL)という相互通信するためのネットワークインフェースが原因だと答えています。

なのでBluetoothをオンにしていると、Bluetoothの通信規格であるBluetooth Low Energy(BLE)を介して様々な情報を周囲に送信してしまいます。

しかも漏れる情報はそのスマホのステータス、Wi-FIの状態、OSのバージョンから、ハッシュ化された電話番号までもが漏れることがわかっています。

ハッシュ化された電話番号が漏れるのは最初の3桁だけらしいのですが、その3桁で十分電話番号を特定することが可能らしいので安心はできません。

このBluetoothによる電話番号の個人情報抜きとりを防ぐ方法はただ一つ

Bluetoothをオフにする

ただこれだけだそうです。

あなたのiPhoneの情報が抜き取られたくないのであればBluetoothをオフにすることをお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました