山中竜也がボクシングを引退した理由は?現在はおにぎり専門店の店主に!?

芸能
この記事は約3分で読めます。

ボクシング元WBO世界ミニマム級王者通称おにぎりマンの愛称で知られる山中竜也さん

が12月6日放送の「爆報!THEフライデー」にて出演することが決まりました。

そんな山中竜也さんですがボクシングを引退したのにはあることが原因で引退せざるを得なくなったと言われています。

その「あること」とは一体何だったのか調査してみました。そして山中竜也さんは現在何をしているのかも一緒にまとめてあるのでご覧になっていってください。

山中竜也がボクシングを引退した理由は?現在はおにぎり専門店の店主に!

山中竜也さんがボクシングを引退した理由はくも膜下出血が原因

山中竜也さんがボクシングを引退した理由は2018713に行われたビック・サルダール選手との防衛戦で起こった悲劇によるものです。

その日は山中竜也さんが王者に君臨して2度目の防衛戦でした。

結果は判定負けで山中竜也さんが負けてしまうのですが、その試合が終わった後山中竜也さんは頭痛を訴え始めます。

医師の診断の結果、頭蓋内から出血する「硬膜下血種」だと診断されました。

日本ボクシングコミッションの規定では硬膜下血腫だと判断されると自動的にボクシングライセンスを失うことになっています。

結果、山中竜也さんはボクシングを現役として続けることが難しくなり、その年の8月31日に現役引退を発表しました。

引退時の山中竜也さんのコメントがこちら

「最初は自分のことじゃないような気持ちでした。病名は聞いたことがあって“そういえば、先輩にそれで引退した人がいた”と思い、自分もそうなるのかなあと考えました」

日刊スポーツより引用

もしこのような悲劇が起こっていなかったらまだまだ現役で活躍していたのかもしれないと思うととても悔しいですね。

世界王者の実力を持つ選手がまさかこのような形で選手生命を終えるなんて思ってもみなかったでしょう。

しかし、山中竜也さん以外にも硬膜下血腫で引退をせざるを得なくなった選手がいるのでボクシングの世界では割とあり得る引退の仕方なのだと思われます。

 

山中竜也さんは引退後おにぎり専門店「おにぎり竜」の店主に!

スポンサーリンク

硬膜下血腫で現役を引退した山中竜也さんですが、現在はいったいどのような生活をしているのか調査してみた結果なんとおにぎり専門店の店主になっていたことが判明しました!

お店の名前は「おにぎり竜」というお店だそうです。

まさか元世界王者がおにぎり専門店の店主になっていたなんて驚きです。

お店の評価のほうもなかなかいいみたいで「おにぎりの世界チャンピオンを目指す」と意気込んんでいるようです。

おにぎり以外にもおでんなども提供しているので寒いときにはピッタリです。

場所は大阪の北新地にあるようなので大阪に来たときはぜひ一度足を運んでみてくださいね!

 

まとめ

元WTO世界ミニマム級王者にまで登りつめながら硬膜下出血という悲劇によってボクシング人生に幕を閉じることとなった山中竜也さん。

現在はおにぎり専門店の店主として第二の人生を楽しんでいるようで本当に良かったです。

おにぎり専門店ということもあり、おにぎりの種類は20種類ほどあるようなので飽きることなくおにぎりを楽しむことができそうですね。

いつか「おにぎりの世界チャンピオン」として名が売れていることを期待しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました