煽り運転の罰則強化はいつから?内容や条件・罪状名を詳しく解説

雑学
この記事は約4分で読めます。

2019年の12月からスマホの使用やカーナビを2秒以上注視しながら運転するながら運転が罰則の対象になりました。

2019年はながら運転以外にも煽り運転での事件が多く煽り運転自体をとりしまる法律がなかったため、世間では煽り運転をする車がかなり注目を浴びました。

しかし令和2年に向けて煽り運転が罰則の対象になる可能性が現在浮上しており、その詳細について詳しく解説していますので興味のある方は下記をご覧ください。

スポンサーリンク

あおり運転の罰則強化はいつから?

現在煽り運転の罰則に関しては警察庁が明確な法制化を図るため検討をしているところです。

なので今はまだいつ実装されるかは定かではありません。

しかし、煽り運転が社会問題化するようになったのは2017年6月に起きた「東名煽り運転事故」が発端です。

それから2019年にも再度煽り運転でまた煽り運転に注目が集まっているので煽り運転の罰則の新設は2020年以内にはされる見通しだと思います。

こちらに関しては詳しい情報が分かりしだい追記します。

あおり運転罪状の内容・条件

煽り運転罪状の内容・条件については現在検討・想定されているものを紹介します。

煽り運転と認める条件

  • 通行を妨害する目的で一定の違反によって危険が生じるおそれのある行為をした場合(妨害目的のパッシング、急な割り込みなど)
  • こうした行為によってほかの車を停止させた場合
  • 後続車の走行を妨げる進路変更(急ブレーキ、蛇行運転など)
  • 車間距離を極端に詰めること

煽り運転を認める条件は以上のような条件を検討しているようです。

煽り運転を判断するときは警察がドライブレコーダーやスマホの撮影映像から煽り運転かどうか判断するようです。

煽り運転の条件については世間が認知するような

  • 煽り目的のパッシング
  • 通行妨害目的の割り込み・蛇行運転
  • 幅寄せ・車間距離を詰める

などが上げられます。

なので基本的には世間が煽り運転と認知している運転が煽り運転になる可能性が高いです。

煽り運転罪状が認められたときの罰則の内容

  • 違反点数が15点以上
  • 前科がなくても1年間の免許取り消し
  • 悪質な煽り運転を行った違反者は免許を取り消すことができる
  • 前科がなくても1年間の免許取り消し
  • 法定刑については検討中(今までの例から暴行罪や強要罪レベルの罪の重さになる可能性が高い)

煽り運転の罰則は違反点数が15点以上にも引き上げられることを検討されていて、特に悪質な煽り運転を行った運転者に関しては免許を取り消すことができるようです。

刑罰については、現状の交通違反の罰金や罰則よりもかなり重たくなるようで、過去の煽り運転で逮捕された人の罪状などを検討して煽り運転の罰則を決めるようです。

スポンサーリンク

こちらについても確定次第追記していきます。

煽り運転以外にも気をつけた方がよい見落としがちな罰則

煽り運転やながら運転以外にも気をつけた方がいい見落としがちな罰則をご存じでしょうか?

それは信号機がない横断歩道で歩行者がいるのに一時停止しないことです。

これは日本人の8割くらいの人が認知できていない交通違反でこれに違反すると

「横断歩行者等妨害」

となり

  • 違反点数2点
  • 普通車9000円
  • 大型車1万2000円
  • バイク7000円

の罰則・反則金が課せられます。

なのでしっかりと横断歩道で歩行者が横断しようとしている時は一時停止するようにしましょう。

横断歩道の手前には必ずひし形のマークがありその後に停止線があります。

引用:車のニュース

画像のようなひし形のマークですね!運転をしている人ならば必ず見たことがあるはずです。

このひし形マークの30メートルの後に横断歩道があります。

あおり運転罰則強化まとめ

煽り運転の罰則強化は今はまだ新設を検討している段階であり、いつから新設されるかはまだ判明されていません。

しかし、2017年の「東名あおり運転事故」や2019年の「常磐道煽り運転」などで煽り運転に対する注目が集まっている以上近いうちに新設されると思います。

罰則については15点以上の違反点数に加えて悪質な煽り運転をした運転者に関しては免許を取り消すことができるようになるようです。

反則金については過去の煽り運転の罰則の例から判断していくようです。

煽り運転以外にも見落としがちな交通違反として横断歩道で歩行者が渡ろうとしているのに一時停止しない「横断歩行者等妨害」です。

日本人の8割くらいの人が認知できていないと言われているほど見落としがちな法律なのでしっかりと認知しておきましょう。

横断歩道の30メートル手前には必ずひし形のマークがあるので運転している時にはひし形のマークを見かけたら一時停止できるように減速しましょう。

他にも逆あおり運転に関する記事も読まれています。

逆煽り(あおり)運転の罰則や点数は?2020年の現行の法律ではどのようになるのか。

以上が煽り運転に関する情報になります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました