福島ヘリ落下で臓器(心臓)はどうなった?事故の原因は?

事件
この記事は約3分で読めます。

2月1日の午前中に脳死の男性から臓器提供の心臓を運んでいたヘリコプターが不時着をしてしまったという悲しいニュースが入りました。

幸い死者はいなかったということですが、肝心の臓器(心臓)はどうなったのでしょうか?

現在分っている情報を元に状況をまとめたので詳細は下記をご覧ください。

スポンサーリンク

福島ヘリ不時着落下事故で臓器(心臓)はどうなった?

福島でのヘリ不時着事故で行方が心配になっている臓器(心臓)ですが、無事に東京の方についたのことです。

ソースはヤフーニュースのコメント欄から

直ぐにドクターヘリが急行して臓器を代わりに運んだのは良かった。日頃から非常時に備えた体制を取ってるんだろう。

午前9時頃 パトカー2台に誘導されながら
タクシーで臓器と思われるクーラーボックスが到着しました。

というコメントが書かれていたのでヘリが不時着した直後に別のヘリで臓器を病院へと運ぶことができたようです。

しかしニュースにあったとおり、手術自体は中止になったそうで、恐らく臓器の状態を確認して移植できることが分かれば移植手術に踏み切るのだと思われます。

臓器移植はできるのか?

東京都に運び込まれた臓器ですが、心臓が運び込まれたということで心臓に損傷が無ければ移植は可能です。

しかし、不時着落下してヘリが横転しているためもしかしたら、心臓にかなりの損傷が見込まれる可能性も無くはありません。

なので臓器は無事運び込まれましたが、損傷次第ではまたドナーから探し出さなければならないという状況になります。

スポンサーリンク

なぜヘリが不時着落下した?原因は?

今回の福島でのヘリコプター不時着事故が起こった原因はまだ詳細が明かされていませんが、落ちた原因を考えられる意見がいくつかあったので紹介します。

中継映像では風邪が強かったというコメントもありますした。

中には以下のように横転した原因を突き止めるコメントもありました。

引込脚が出ていること、閑散期の田んぼを選んで降りていること等から不時着時の衝撃で横転したものと思われます。テールの部分が折れていることからも不時着時に相当な力が加わったのでは。
アグスタ社のAW139。とても古いとは言えない機体。

ですが今回何よりも死者が出なかったことが何よりも良かったです。

今回不時着落下した輸送ヘリはアグタス社のAWA139という機体でしたが、古い機体ということではないという機体らしいので原因は一体なんだったのか詳細を待つしかなさそうです。

福島ヘリ不時着落下情報まとめ

  • 臓器は不時着落下後に別のドクターヘリが東京の病院まで運んでいった
  • 不時着落下の原因ははっきりとは明かされていないため、報告を待つ

以上が現状分っている福島のヘリ不時着落下の情報まとめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました