ガンのリスクが上昇!?愛する人とカラダを重ねる行為をおろそかにすると起こる体への影響8選。これは必ず見るべきだ!

雑学
この記事は約2分で読めます。

ガンのリスクが上昇!?愛する人とカラダを重ねる行為をおろそかにすると起こる体への影響8選。これは必ず見るべきだ!

大好きな人とカラダを重ねる行為をおろそかにするとカラダには悪い変化がおこる

愛する人と一緒にいると必ずする行為それは「セックス」ですよね

もしこの行為をおろそかにするとどんな影響がカラダに与えるか知っていますか?

おろそかにした場合どんな影響が起こるか説明していきます。

 

1.病気になりやすくなる

もし長い間禁欲生活をしていると体の免疫力が低下してしまい、病気になりやすくなることが研究によって報告されているそうです。

もし、長い間禁欲生活をしないといけない状態が続いているのならば、食生活に気をつけるようにして免疫力が落ちないようにしましょう

 

2.ストレスレベルが上昇する

性行為にはストレス解消の効果もあります。

毎回充実したものになれば、ストレスホルモンの分泌が抑制されてリラックスした気分がより持つようになるそうです。

なので性欲を我慢してしまうとストレスを解消してくれるのがなくなってしまうので、イライラしやすくなってしまいます。

 

3.性的興奮・快感が感じにくくなる

長い間行為に及んでいないと性的興奮を感じにくくなります。

男性は勃起力が落ち、女性もオーガズムに達しにくくなってしまいます

 

4.夢に出てくる

実は禁欲生活が長いと夢にでてくることがあります。

こういうときは体や心が求めているというメッセージだととらえるようにしましょう

 

5.性欲が低下

禁欲生活が長く続けば、性欲に影響するホルモンの分泌量が減ってしまい、それが性欲の低下につながってしまいます。

 

6.パートナーとの距離が広がる

セックスの回数が減ってしまうと、相手に対して不安な気持ちを抱いてしまったり、関係が不安定になってしまうことがあります。

そして、浮気に走ってしまうことも…

 

7.自尊心が低下

好きな人とのセックスは自尊心を高めてくれる効果があるそうです。

なので禁欲生活を続けていると自尊心の低下につながってしまう可能性があります。

 

8.ガンのリスクが上昇

禁欲生活を続けていると、男性は前立腺がんのリスクが高まり女性は乳がんのリスクが高まるそう

なので定期的なセックスは必要なのです

 

以上が禁欲生活を長く続けていると起こる変化です。

これを見るといかに定期的にするセックスがいいものかわかりますね。

 

出典:はつらつ

コメント

タイトルとURLをコピーしました