道路脇でヘアドライヤーを持っているおばあちゃん←持っている理由を知ったときあなたは涙が止まらない…

エンタメ
この記事は約2分で読めます。

道路脇でヘアドライヤーを持っているおばあちゃん←持っている理由を知ったときあなたは涙が止まらない…

道路脇でなぜかヘアドライヤーを持ったおばあちゃんがいる

これはアメリカのモンタナ州で実際にあった出来事です。

道路沿いに座るおばあちゃんがなぜか手にドライヤーをもって座っていました。

なぜこのおばあちゃんはヘアドライヤーを手にすわっていたのでしょうか?

これには驚くべき理由がありました。

 

地域や子供の安全を守るためこのような行動をしていた

このおばあちゃんがこのような行動をしていたのは、

ヘアドライヤーを持って座っていると、運転している車からはスピード違反をとりしまるスピードガンに見えるからです。

当然スピード違反を取り締まっていると思われると車は減速しようとします。

これがおばあちゃんの狙いだったのです。

このおばあちゃんが住むモンタナ州はアメリカの州のなかで3番目の事故率をほこる州でした。

日頃からスピードを出しまくっている車がたくさんいるため、孫のいるおばあちゃんは子供達が安全に暮らせる為にはどうしたらよいか考えた結果

ヘアドライヤーを持って座るという手段を選んだのです。

これにはネットでも大きく話題になり、地元警察からも名誉隊員の称号を与えられたのだとか。

この誰も怒らせないクリエイティブなおばあちゃんの行動には賞賛の声が止まりません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました