ドリブルデザイナー岡部将和はなぜプロにならない?年収はどうなっているのか?

サッカー
この記事は約5分で読めます。

ドリブルデザイナー岡部将和という人が最近注目を集めているようですね!

ドリブルデザイナー岡部将和さんはドリブルにおいてはかなりの実力を持っている方ですが、なぜプロのサッカー選手にならなかったのか気になりませんか?

今回その理由と岡部将和さんの年収などについて調査してみました。

詳しくは下記をご覧ください。

スポンサーリンク

ドリブルデザイナー岡部将和はなぜプロにならない?

ドリブルデザイナー岡部将和さんがなぜプロにならないかについては本人のツイッターで理由を説明していました。

それがこちら

これが岡部将和さんがプロのサッカー選手をやるのではなくドリブルデザイナーをやっている理由です。

一番好きでやりたいからドリブルデザイナーをやっていると言えるなんてとてもかっこいいですよね!

実際の年収などについては下の方にまとめさせていただきますが、この言い方をしてしまうとドリブルデザイナーが夢のあるような仕事のように言っていて将来的にもドリブルデザイナーをやっていく人が増えていくのではないでしょうか?

Youtuberなどと同じで新しく増えていく職業として注目を集めそうです。

ドリブルデザイナー岡部将和はネイマールに認められるほどの実力の持ち主

岡部将和さんはドリブルデザイナーとして活躍されていますが、そのドリブルの実力はあのネイマールさんが認めるほどの実力の持ち主!

実際に岡部将和さんがドリブルをしている動画をご紹介していきます。

【異次元】ネイマール vs ドリブルデザイナー岡部 Neymar半端ないって!

こちらの動画はネイマールさんと岡部将和さんが実際に試合をしている動画なのですが、ネイマールさんのドリブルテクニックがすごいのはもちろんのこと岡部将和さんのドリブルテクニックもかなりすごいです。

動画後半のほうが岡部将和さんの活躍が多かったですね!

スポンサーリンク

ドリブルデザイナー岡部将和の年収やドリブルデザイナーの料金はどうなっている?

ドリブルデザイナーとして活躍をしている岡部将和さんですが、年収やドリブルデザイナーの料金はどうなっているか調査しました。

ドリブルデザイナー岡部の年収

ドリブルデザイナー岡部将和さんの年収についてですが岡部さんは

  • ドリブルクリニック
  • YOUTUBE
  • ドリブルコーチング

をやっています。

ドリブルクリニックは不定期開催ではありますが、参加費は3000円で会場によって募集人数を決めています。

30人くらいの時もあれば100人くらい集まる時もあるそうです。

次にYOUTUBEについてですが、チューバータウンの情報によると獲得年収はおよそ161万だと発表されています。

そして最後にドリブルのコーチングについてですが、過去の例ですがプロへの指導に90分30万円でやっていたこともあるそうです。

なので年収は500万以上は稼いでいるのではないかと思われます。

ドリブルデザイナーの料金

ドリブルデザイナーの料金についてですが、上記に記載していたとおり不定期開催ではありますが、参加費3000円でドリブルクリニックを開いています。

参加するにはこちらのほうから詳しい情報が載っていますので見てみてください。

もしくはこちらをクリックしていただければ直接岡部将和さんのフェイスブックに飛ぶことができるので問い合わせをしてみてください。

ドリブルデザイナー岡部のコーチの感想や評判

ドリブルデザイナー岡部さんのコーチの感想や評判を調査しました。

90分という短い時間でしたが、具体的なアドバイスがあり、上達のヒントがギッシリ詰まったクリニックでした。 知識、技術は早いもの勝ちです。
早い時期に知ったり、身につけることができれば、それを活用できる時間が長くなります。
岡部将和さんのドリブルクリニックを受ける機会があれば、ぜひ受けてみてください。
きっと、ドリブル上達のヒントが得られると思います。

サッカー練習DVD辛口レビューサイトより引用

YouTubeでおなじみのドリブルテクニックを目の前で見させていただいた後岡部さんからプレーの解説がありました。

特に参考になったのは、「ドリブルはDFを押し下げられれば成功」という考え方でした。

「初めは失敗するけど、続けているうちに考えなくても抜けるようになる」と、積極的なチャレンジの大切さを説いていました

などなど岡部将和さんのドリブルクリニックは高評価のようです。

ドリブルデザイナー岡部さんに批判的な意見を持つ人もいる

ドリブルデザイナー岡部将和さんのクリニックはかなり好評ですが、中には否定的な意見を持つ方もいます。

その理由として

  • サッカーの試合で1VS1になる機会が少ない
  • 判断を伴わない技術なので意味がない
  • そもそもボールをあんな風に持つような選手は世界の一流にはいない

といった意見がありました。

確かに考えてみるとサッカーというのはチームプレイなので個人での戦いになることは少ないし、ドリブル自体が高度なテクニックだと思われるので積極的に使うよりかは味方にパスを出す方が多いと思われます。

しかしテクニックとしてはかなりいい技術を手に入れることができるし間合い管理などもしっかりと覚えることができるとして賛成の意見もあります。

ドリブルデザイナー岡部将和まとめ

今回は岡部将和さんがプロにならない理由やドリブルデザイナーとしての年収や料金形態などについて調査していきました。

ドリブルデザイナーという独特な職業ですが、これからは岡部将和さんに憧れてドリブルデザイナーをやる人が増えていくかもしれませんね!

最後まで見ていただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました